布団 カビ

陽だまりの休息

 

布団のカビ知識

 

布団のカビの発生要因は畳から吸湿性の無いフローリングの床への変化や
布団素材の変化です。
吸湿性の悪い素材に変わってきている事でカビ発生率が上がっているんです。

 

寝室は長い時間いることが多いので布団にカビがあると、カビを吸い込みながら寝ていることになります…

 

寝室の布団などの寝具のカビやダニ対策はとでも重要です。

 

 

大部分のカビは湿度70〜99%の状態が最も発生、育成しやすいと言われています。
さらに布団は人の肌に直接触れるので見た目以上に汚れがあるんです。
カビの栄養分は、ハウスダスト、チリ、垢、フケ、ダニの死骸、石鹸カスなどの有機物を栄養源にしているので
自らカビを発生させやすい状況にしているわけです。

 

目に見えないので、気付いてる人は少ないかもしれませんね。。

 

約60種類ほどあるといわれているカビですが、ほとんどのカビが湿気を好み、湿度が多くなると急激に繁殖します。

 

カビは発ガン性物質であると同時にアレルギーや感染症を引き起こします。

 

カビが発生した室内では早急に対策した方が良いでしょう!

 

 

寝室や布団に生えるカビがどの室内のカビより危険なのはご存知ですか?

 

睡眠中に大量のカビを吸い込む可能性があるからです…

 

子供は大人より汗の発生量が多く、子供の寝ている部屋には、注意が必要です。アレルギー疾患の子供には注意が必要ですよ!

 

陽だまりの休息